観光客向けでなく、その地に住む人向けのグルメ本がたくさん刊行されています。グルメ本の楽しさを紹介します。

デパートの物産展はグルメの宝庫です。
New Entry
デパートの物産展はグルメの宝庫です。

グルメ本で地域がもっと好きになる

私は現在、北関東に住んでいますが、今までは東京に住んでいました。今住んでいるところは田舎なので、遠方から友達が来た時などは近所や周囲にどんなものがあるのかよく分からないので、必ず東京まで行って美味しいお店に行ったりしていました。ある時、本屋さんで私が住んでいるエリアのグルメ本が置かれていて、こんなのがあるんだなぁと思って立ち読みしていたら、素敵なお店がたくさんあるではありませんか。しかも、地元の野菜や卵、乳製品などを使った自然素材のお店がたくさん紹介されていました。

もっと早く知っておけば良かったと後悔したと同時に、このグルメ本のおかげで自分が住んでいる街をもっと知りたいと思うようになり、この街が好きになりました。今まで知らなかったことだらけなので、色々なお店を知ることで新鮮な気持ちになりましたし、意外と歩いていける場所に美味しくてスタイリッシュなお店があると知った時には、仕事中の主人の携帯に思わず電話していました。今は観光客向けだけでなく、そのエリアに住む人たちがより暮らしやすく、楽しめるように観光されているグルメ本があるんですね。良い本に出会ったと思っていますし、毎週末、次はどこに行こうかと本を片手に主人や友達と会話をするのが楽しくて仕方ありません。