春のグルメは、なんといっても雪解けの中から出てくる野草です。蕗の薹にあさつき、行者大蒜などです。

デパートの物産展はグルメの宝庫です。
New Entry
デパートの物産展はグルメの宝庫です。

春のグルメは雪の下から出てきたばかりの野草から

このところ、急に暖かくなって、初夏のような陽気が続いています。このぽかぽか陽気に誘われて、私も春のグルメ探しに出かけました。行き先は、産直です。産直には、今が旬の野草が出ていました。蕗の薹に浅葱、行者大蒜などです。蕗の薹は、自分で、その辺で見つけて採って来るので買いませんが、浅葱と行者大蒜は買って来ました。

浅葱は、おからや凍り豆腐と味噌汁にします。浅葱の味噌汁は、冬の寒さで萎えている体に活力を与えてくれます。丁度、冷凍の蛍烏賊があったので、酢味噌和えも作りました。行者大蒜は、茹でて酢味噌和えでも食べますが、なんといっても一番のおすすめは、行者大蒜醤油です。行者大蒜を細かく刻んで、ただ、お醤油に漬けるだけなのですが、何にでもよく合う万能醤油に変身するのです。お豆腐やお刺身や納豆などにかけてよし、炒め物、煮物の調味料としても重宝します。春限定のものなので、この時期に、行者大蒜醤油を大量に作って冷蔵庫に保存します。4,5ヶ月は保存が利くので作り溜めをするのです。